Learn about Parker’s safety-focused approach to COVID-19. Read More

センサ

世界最小、高性能変位センサ

特許取得ずみの独自の可変リラクタンス変換方式変位(DVRT)センサは、ミクロンオーダーの精密計測に最適で、正確で繰り返し精度の高い計測を行うことが出来ます。接触/非接触、単純スライド/バネ組み込み等の基本タイプに、それぞれストロークのバリエーションをご用意しております。DVRT方式は、センサボディサイズに対してリニアストロークをとても高く取ることができ、LVDT(差動変圧器)タイプの変位センサでは取り付けが難しい場所にも用いることが可能です。センサはとても堅牢で、高温や腐食環境などの厳しい使用環境でも、性能劣化すること無く百万回以上の動作が可能です。

変位センサ一覧

シグナルコンディショナとデータ取得

高性能、低コスト、多彩な出力方法

DVRT変位計測システムはセンサ、センサとシグナルコンディショナ、それらをつなぐケーブルで較正されており、高精度を実現するために全て一体で較正されています。計測したデータはアプリケーションに応じてリニアフィット(直線近似)、マルチセグメントフィット(複数区分近似)、ポリノミナルフィット(多項式近似)の最適なスケールで出力できるようになっています。出力は直接アナログ出力と無線経由の出力方法を選択可能で、更に無線の場合はゲートウェイからの出力をUSB、RS-232、イーサネットとアナログ出力から選択することができます。アナログ出力は高機能版と標準性能の両方のモデルで使用できるようになっており、無線出力は標準性能モデルのみで選択可能です。

シグナルコンディショナ一覧