Learn about Parker’s safety-focused approach to COVID-19. Read More

ノード

低消費電力、高性能

LORD MicroStrain® のセンサノードは、各種外部センサをつなぎ込めることはもちろん、センサ内蔵のタイプもあります。時間同期、高速バーストや低負荷、データロギングの幅広い計測モードを持ち、更にそれぞれのモードで細かいサンプリングパラメーターまで調整することができ、目的に応じて最適かつ正確な計測を行うことができます

ノード一覧ノード構成シミュレータ

LXRS® 通信方式

無線の手軽さ、有線の信頼性

LORD MicroStrain® のノードとゲートウェイ間の通信は、IEEE802.15.4規格の2.4GHz帯を使っていますが、独自のLXRS(Lossless Extended Range Synchronized data)プロトコルで、無データ損失、通信範囲拡張、同期計測の機能を組み込んでいます。LXRSは大規模ネットワークに拡張可能なスター型の構成にマイクロ秒単位の同期性を持たせています。サンプリングレートはノード毎に設定ができ、他のノードとタイミングは自動で調整されるため、ほとんどの環境で完全なスループットを確保することができます。

詳しくはこちらへ

ゲートウェイ

計測ネットワークを高度に調整

LORD MicroStrain のWSDA® ワイヤレスゲートウェイは、ノードの計測ネットワークの調整や同期といったノード側の管理と、外部機器やネットワークとの通信を調整、仲介する役割を持っています。汎用コントローラやデータロガー、PC等様々なローカル機器のみならず、直接クラウドサービス(Sensor Cloud)への接続も可能で、特にSensorCloudを用いた場合、データの遠隔監視はもちろん、計測したデータにFFT等の処理を行い、その結果で自動的にアラートを発報することなども簡単にできるようになっております。

ゲートウェイ一覧ノード構成シミュレータ

ソフトウェア

小さなセンサ、ビッグデータ

LORD MicroStrain のソフトプラットフォームは、計測設定やデータ取得などが極めて容易かつ効率的に行えるように設計されており、誰でも簡単に信頼性の高い無線での計測をすぐに始めることが出来ます。またクラウドサービスを利用することにより、遠隔地からセンサ機器を操作したり計測データを見るだけでなく、クラウド上で様々なフィルタリングやフーリエ変換などの解析処理を自動的に行い、その結果をレポートとして送信したり、アラートを発報することも自由に行うことが出来ますので、単なる計測データの表示にとどまらず、行動に移すための情報としてユーザに提供することが出来るようになっています。 LORD MicroStrain のソフトプラットフォームは、サンプリングの設定や、データ取得、カスタムしたアラーム発報、報告、解析を容易かつ効率的に行うことができます。その結果、ユーザは自前のセンサの計測データから行動に移すことができる情報として取り出すことが出来ます。

ソフトウェア詳細